MENU

どんな人が白髪になりやすい?

カランサ

 

本来毛髪は黒いものですが、黒い色を生み出しているのはメラニン色素です。毛髪が成長する際にメラニン色素が十分に作られていないと髪の色が薄くなってきてしまいます。

 

白髪になりやすい人の特徴としてストレスによってメラニン色素が作られにくくなっているケースがあります。

 

日々の社会生活を辛く感じていて精神的に負担が大きいとそれだけで自律神経系に失調が生じてメラニン色素の生成に支障が生じる場合があるのです。

 

一方、緊張状態が続くと血行不良が生じやすいため、頭皮に十分に栄養が行き届かなくなってしまうのが原因で白髪ができやすくなるでしょう。

 

精神的な負担が多い日々を送っていると睡眠不足にもなってしまいがちであり、髪の成長そのものを停滞させてしまう可能性もあります。

 

また、ストレスを発散するために喫煙をしたり、暴飲暴食をしたり、偏食気味になったりするとメラニン色素が作れなくなる場合があるのです。

 

このように様々な因果関係から白髪を促してしまうことがストレスを溜め込みやすい人の特徴となっています。

 

一方、頭皮へのストレスとなる紫外線に対して対策を立てていなかったり、血液循環を良くするための運動をしていなかったりする生活習慣があるのも白髪になりやすい人の特徴です。

 

このように生活習慣の影響を受けやすいため、日々の行動を見直してみると白髪対策を立てることができます。

 

しかし、遺伝的要因によって白髪になってしまう人もいるのが事実です。両親のいずれかが白髪であるのもなりやすい人の特徴と言えるでしょう。

 

早老症原因遺伝子がメラニン色素を作る色素細胞の数を維持するのに寄与していることが明らかとなりました。

 

早老症原因遺伝子の発現量がもともと少ない人の場合には加齢によって色素細胞の数を維持しにくくなり、早い段階から髪の色が失われてしまいやすくなるのです。このような研究成果があるため、両親から白髪を受け継いでしまう可能性は否定できません。

関連ページ

夏の抜け毛・薄毛対策
夏は抜け毛が増えやすい季節です。 紫外線による頭皮へのダメージや、海やプールでのダメージ、エアコンによる頭皮の乾燥などによって、髪が抜けやすくなります。 この季節にしっかり対策をする事が大切です。
健康な頭皮・髪の毛を維持するポイント
健康で丈夫な髪の毛を維持したいなら、毎回のシャンプー時に頭皮を健やかに保つ努力が必要です。脱脂力が強すぎないシャンプー剤を使って毛穴の汚れを丁寧に落とし、マッサージで血行を促進することも効果的です。
髪のためにも自律神経を整える
抜け毛を防ぐためにも自律神経の安定させることは大切です。また、健康的な髪の毛の維持には、栄養バランスのとれた食事を心がけることも重要なことです。規則正しい生活習慣と栄養不足にならない食生活が大切です。
春が来た!育毛シーズン到来!
春は髪の毛の生え変わりが起こる時期です。育毛シーズンとして毛髪量を増やすためには、冬から夏に向けて強くなる紫外線への対策と皮脂や埃へに対する頭皮ケアが大切になります。
白髪を黒髪に戻す方法ってあるの?
できてしまった白髪を黒髪に戻すには食生活を中心として生活全般を見直すことが必要です。十分な栄養、適切な睡眠の確保や運動習慣によって、時間はかかっても改善できます。
梅雨のうねりやクセ毛どうにかしたい
梅雨の時期の髪は、せっかくきれいにセットしても、湿度でベタベタしたり、乱れやすくなっていますから、トリートメント剤やヘアースプレー剤で効果的に髪をガードすると効果的でしょう。
いつになれば育毛剤の効果を感じることができる?
女性用育毛剤の効果を実感できるまでの期間については、三ヶ月から半年程度が目安となります。薄毛の状態は個人差がありますので、その辺も考慮に入れて継続して使用することが必要です。