MENU

男性と女性では原因が異なる

昔は、主に40費用以降の女性が悩んできた抜け毛や薄毛ですが、最近では20代や30代でも悩まされることが多くなっています。原因は大きく分けて2つあります。

 

1.ホルモン釣り合いの不調
一般的にホルモンの分泌音量は40費用以降になると減っていきます。最近は若い方でも眠り不良・重圧・お産・食事の不調による栄養失調・過度な痩身・タバコなどにより、ホルモン釣り合いが乱れている。結果としてヘアサイクルが短くなり、薄毛が進行していきます。

 

2.スカルプの乱雑
パーマやカラーリング、洗髪のしすぎ、間違った毛手伝いや化学材質等により、スカルプの不具合や炎症を招いたり、毛細血管の血行が壊れる事で、髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えたり決める。

 

ダディと女性とでは抜け毛・薄毛の素因が違う
ダディの抜毛は、髪の生え際と頭頂部から抜け落ちて出向く場合がほとんどです。

 

毛根部の細胞がダディホルモンにないという感想があり、それが原因と言われています。

 

一方女性の場合はスベスベに禿げることはあまりなく、頭頂部がじわっと薄くなることが多いと言われています。

 

女性の抜け毛・薄毛はは、女性の事を正しく考えた育毛剤で手伝いすれば、始末を厳しくしやすいのです。

 

>>女性用育毛剤ならカランサ

関連ページ

白髪になりやすい人の特徴
白髪になりやすい人の特徴としてストレスの溜め込みやすさがあります。喫煙や暴飲暴食、紫外線対策の欠如や運動不足も影響しますが、遺伝的な要因によってなってしまう人もいるのが事実です。
夏の抜け毛・薄毛対策
夏は抜け毛が増えやすい季節です。 紫外線による頭皮へのダメージや、海やプールでのダメージ、エアコンによる頭皮の乾燥などによって、髪が抜けやすくなります。 この季節にしっかり対策をする事が大切です。
健康な頭皮・髪の毛を維持するポイント
健康で丈夫な髪の毛を維持したいなら、毎回のシャンプー時に頭皮を健やかに保つ努力が必要です。脱脂力が強すぎないシャンプー剤を使って毛穴の汚れを丁寧に落とし、マッサージで血行を促進することも効果的です。
髪のためにも自律神経を整える
抜け毛を防ぐためにも自律神経の安定させることは大切です。また、健康的な髪の毛の維持には、栄養バランスのとれた食事を心がけることも重要なことです。規則正しい生活習慣と栄養不足にならない食生活が大切です。
春が来た!育毛シーズン到来!
春は髪の毛の生え変わりが起こる時期です。育毛シーズンとして毛髪量を増やすためには、冬から夏に向けて強くなる紫外線への対策と皮脂や埃へに対する頭皮ケアが大切になります。
白髪を黒髪に戻す方法ってあるの?
できてしまった白髪を黒髪に戻すには食生活を中心として生活全般を見直すことが必要です。十分な栄養、適切な睡眠の確保や運動習慣によって、時間はかかっても改善できます。
梅雨のうねりやクセ毛どうにかしたい
梅雨の時期の髪は、せっかくきれいにセットしても、湿度でベタベタしたり、乱れやすくなっていますから、トリートメント剤やヘアースプレー剤で効果的に髪をガードすると効果的でしょう。
いつになれば育毛剤の効果を感じることができる?
女性用育毛剤の効果を実感できるまでの期間については、三ヶ月から半年程度が目安となります。薄毛の状態は個人差がありますので、その辺も考慮に入れて継続して使用することが必要です。