MENU

本質的には子孫繁栄のため

花蘭咲(カランサ)

 

髪は誰もがしっかりとした状態で維持して行きたいと考えるものですが、その願いは女性にとってさらに大きなものとなります。

 

女性の命と昔から言われていますが、古代からずっとケアを行う習慣が女性にあったことが歴史からも明らかにされているのです。

 

日本においても櫛を上流階級の貴族が使用していた記録があり、美しい状態に保つ習慣は近代になってから始まったことではないと示されています。

 

髪が女性の命と言われるのには様々な理由がありますが、現代における理由として大きいのは女性としての美しさを表現するために活用できるからです。ヘアスタイルを変えたり、長さを変えたり、染めたりすることによって女性としての印象が大きく変化します。

 

それによって自分の魅力を周囲に対して訴えかけたり、自分自身のために気分転換の手段としたりするのが一般的です。男性に比べても髪に目を向けられやすいのが女性の特徴であり、自分の美しさを体現する身体の一部として重要になっていると言えるでしょう。

 

しかし、男性に比べても女性の髪に目を向けられる傾向が強いのにも理由があります。

 

女性の命という言葉が広まっているから目が向けられているわけではありません。髪の毛が長くて美しいと男性の本能に訴えかけて魅力を感じさせることができるのです。

 

研究としても実際に行われたものであり、髪の美しい女性に男性が魅力を感じやすいことが人でもよく理解されています。

 

理性的な判断をさておき、本能として遺伝的に刷り込まれていることなのです。

 

そのため、女性として子孫の繁栄を考えて生存競争を勝ち抜いていくためのものなのが髪であり、女性の命という言葉が適しているのです。

 

その重要性を本能で理解しているからこそ、女性は自分の魅力を男性に見せるためにヘアスタイルに十分に気を払うようになっていると言えるでしょう。男性も本能として目を向けてしまうからこそ、髪は女性の命としての地位を保持し続けてきているのです。

 

いくつになってもハリ・コシがあり、スタイリングしやすい髪の毛を保つのであれば若いうちから花蘭咲(カランサ)で頭皮ケアされると良いですよ!

関連ページ

シャンプーなどに良く使われている馬油についての詳細
馬油シャンプーはよく耳にすると思います。一時期すごく話題になりましたが、一時のブームというわけではなく今でも多くの人に親しまれています。今回はこの馬油についてまとめました。